どうやってパソコンを処分する?パソコンの処分法
2017年1月25日

どうやってパソコンを処分する?パソコンの処分法

使わなくなったパソコンをどうやって処分しようかと迷ってしまいますよね。パソコンを処分する方法をいくつかご紹介しましょう。

パソコンの処分をする前にシールをチェックしよう

2003年に施行されたPCリサイクル法以降に販売されているパソコンは、パソコンを購入する時にすでに処分をする費用を加えて販売しているため、リサイクル料金を支払う必要はありません。パソコンの処分をする前に、使っているパソコンにリサイクルPCのシールが貼られているかどうかを確認してみましょう。このリサイクルPCシールがない場合は、3,000円から4,000円程度のリサイクル料金が必要になります。もし、2003年以降に購入したパソコンであっても、シールを剥がしたりして紛失したような場合はリサイクル料金を支払う必要があるため、むやみにシールを剥がさないことが大切です。

パソコン・処分

パソコンの処分は購入したメーカーへ

パソコンの処分は、購入したメーカーに問い合わせをしてリサイクルをする方法があります。パソコンメーカーに連絡をすると、エコゆうパックの伝票が送られてくるため、郵便局へ処分したいパソコンを梱包して持ち込みましょう。パソコンが再資源センターへ到着すると、資源として再利用してくれます。購入したメーカーが倒産しているような場合は、パソコン3R推進協会が回収をしてくれます。その場合、ノートパソコンであれば4,200円、CRTディスプレイであれば5,400円程度の回収料金が必要です。回収費用は掛かりますが、パソコンメーカーの中には、回収と同時にデータ消去を無料でしてもらえるところもあるため安全に処分できるでしょう。

パソコンの処分はリサイクルショップへ

パソコンの処分をするのであれば、リサイクルショップへ持って行って、買い取ってもらってはいかがでしょうか?リサイクルショップであれば、お店によっては2003年以前のパソコンであってもリサイクル料金を掛けずに処分することができます。パソコンの処分にお金をかけたくないという方は、リサイクルショップに持っていくのも一つの方法でしょう。リサイクルショップでパソコンを処分する場合は、パソコンのデータをしっかりと消去する必要があります。データを消去しておかなければ、パソコンの閲覧履歴やサイトのIDなどを読み取られてしまう可能性があります。また、デジカメの写真などをパソコンに保管していた方は、個人の画像データが流出してしまうこともあります。そうならないために、データ情報は確実に消去しましょう。データの消去方法としては、専用のデータ消去ソフトを使う方法があります。ソフトはフリーでダウンロードできるものもあります。また、パソコンショップなどに依頼をしてもよいでしょう。パソコンショップでは、強力な磁界をかけてデータを消去します。1,000円以内でできるところもあります。物理的に破壊をするのであれば、パソコンのハードディスクをあけて、中の部品に傷をつけてもよいでしょう。パソコンを処分する前には、このような方法でデータ消去をして個人情報が漏れないようにすることが大切です。

PAGE TOP