家電の処分に困った!家電の処分はどうやってするの?
2017年1月25日

家電の処分に困った!家電の処分はどうやってするの?

冷蔵庫や洗濯機、炊飯器や電子レンジなどの家電の処分をする場合、どこに依頼をするのが良いのでしょうか?家電の処分に困ったときの方法をいくつかご紹介しましょう。

家電の処分を回収車に依頼する

家電の処分を回収車に頼む方法があります。街中を「家電の無料回収をします」などとアナウンスをしている回収車に依頼をする場合は、すべてが無料なのかを事前に確認しましょう。無料で回収しますという業者の中には、回収費用は無料ですが運搬料金が必要であるとか、無料のものもあるが一部は有料であるなどと言って、料金を請求してくる業者もいます。中には完全に無料の回収業者もあるため、冷蔵庫や洗濯機など運搬が大変な家電が多くある場合は、お金を掛けずに家電の処分ができるため便利です。

家電・処分

家電の処分を不用品回収業者に依頼する

家電の処分はホームページやフリーペーパーなどに広告を出している、不用品回収業者に依頼をする方法があります。無料で回収をしてくれるところがあるのですが、どのように見分ければよいのかが分かりませんよね。まず、家電の回収を依頼する前に見積書を出してもらいましょう。不用品回収のホームページを確認すると、無料見積もりはコチラなどのボタンがあると思います。そのページで依頼をしたい家電を記載し見積もりを確認しましょう。色々な業者を比較することで、処分したい家電の相場を知ることができます。また、不用品回収依頼をしたのに、不法投棄をされていたというトラブルに合わないようにするために、どのような方法で回収された家電を処分するのかも確認をしておきましょう。しっかりと処分方法を説明してくれる業者であればよいですが、曖昧に答える業者には依頼をしないようにしましょう。不用品回収業者は、冷蔵庫や洗濯機などの家電が大量にある場合に便利です。業者の中には、トラック1台積み込めるだけ積んでいくらというような料金設定のところもあります。多くの不用品を一度に処分できる点がメリットです。また、大型家電は一人で持ち運ぶことが困難ですよね。不用品回収業者に依頼をすると、スタッフの方が運んでくれるため、女性や高齢者にとっては魅力があるでしょう。効率的に多くの家電を処分できるのでおすすめです。

家電の処分を行政サービスに依頼する

冷蔵庫や洗濯機などの家電は、行政サービスを利用して処分している方が多いのかもしれませんね。大型の家電だけど大丈夫だろうかと不安があるかもしれませんが、自治体のホームページを確認するとほとんど粗大ゴミとして処分をしてもらえます。家電の処分をする場合は、粗大ゴミのシールを事前に購入して、回収をしてもらいましょう。出し方は自治体によって異なり、回収指定場所まで運ばなければいけない場合と、決められた日に自宅の前に出しておく場合などがあります。行政サービスに依頼をする場合は、回収日まで家電を処分できないというデメリットがあります。家電の処分まで時間に余裕があるという方は、回収料金もそれほど高くないため行政サービスを利用すると良いでしょう。

PAGE TOP