パソコンの処分に困った!そんな時に頼れるのは?
2017年1月23日

パソコンの処分に困った!そんな時に頼れるのは?

使わなくなってしまったパソコン、どうやって処分すればよいのだろうと悩んでいませんか?不用品となったパソコンの処分方法をご紹介しましょう。

パソコンの処分はパソコンショップへ依頼しよう

パソコンの処分はパソコンショップに持っていくと、引き取ってもらうことができます。パソコンの状態によっては買い取ってもらうことも可能です。壊れていたり、古いパソコンであっても100円で買い取ってもらえるパソコンショップもあります。パソコンの処分をする時は、データを消去しても復元されるのではないかと不安になることがあるかもしれませんね。パソコンショップであれば、データを完全に消去してくれるため安心して処分できそうです。ただ、データの消去に関しては別料金が必要となることもあります。データを自分で消すことができない場合は、データ消去料金を調べておきましょう。パソコンショップでパソコンの処分をする場合は、免許証や保険証などの本人確認書が必要です。

パソコン・処分

パソコンの処分はメーカーへ

使わなくなったパソコンの処分は、パソコンメーカーに依頼をすると引き取ってもらえます。パソコンメーカーのサイトなどから処分の申し込みをする必要があります。その時に、パソコンの型名が必要となるため、パソコンの裏に貼られているシールで確認をしましょう。メーカーでパソコンを処分する場合は、まずはメーカーのサイトからパソコン処分の申し込みを行います。申し込み後にパソコンメーカーから伝票などが送付されるため、そちらを貼って宅配便などでメーカーにパソコンを送ります。富士通のパソコンの場合、2003年9月以降に販売されているパソコンであればPCリサイクルマークが付いているため、メーカーが無料で引き取ってくれますが、それ以前に買ったパソコンであれば、デスクトップトップやパソコンの本体、ノートパソコンなど、それぞれにつき1台3,240円のリサイクル料金が必要です。また、ブラウン管ディスプレイや、ブラウン管ディスプレイ一体型のパソコンの場合は、1台につきそれぞれ4,320円のリサイクル料金が必要です。

パソコンの処分は不用品回収業者へ

パソコンは不用品回収業者に処分をしてもらうこともできます。不用品回収業者によっては、無料で引き取りをしてもらえるところもありますが、運搬料金が必要なところもあります。リサイクル料金は必要ない場合がほとんどです。不用品回収業者にパソコンの処分をしてもらう場合は、自分でパソコンのデータを完全に消しておく必要があります。文章ファイルや画像ファイルなどをデスクトップのゴミ箱に入れて消去したとしても、パソコンの復元によってデータが蘇るため、完全にデータを消さなければ個人情報が漏れてしまう恐れもあります。自分でデータを消すことができないという方は、データの消去を依頼したり、穴をあけるなどする物理的処理を依頼できる業者を探して対応をしてもらいましょう。

PAGE TOP