冷蔵庫や洗濯機大物家電の処分に困ったときの処分法
2017年1月20日

冷蔵庫や洗濯機大物家電の処分に困ったときの処分法

冷蔵庫や洗濯機、食器洗い機など、大物家電の処分って困りますよね。大物家電を賢く処分する方法をご紹介しましょう。

大物家電はリサイクルショップで処分しよう

冷蔵庫や洗濯機などの大物家電は一人では持ち運ぶことが難しく、乗用車に乗せるのも困難です。大物家電を処分するのであれば、自宅まで回収をしにきてもらえるリサイクルショップでの処分を考えてはいかがでしょうか。リサイクルショップに大物家電の処分を依頼する場合、まずは出張査定をしてもらえるかどうかを問い合わせてみましょう。出張査定ができる場合は、どのような大物家電を査定してもらいたいか、希望の査定日時を伝えます。出張査定をしてもらい、査定金額に納得がいけば買い取りをしてもらう形となります。冷蔵庫や洗濯機などの大物家電の場合、製造から3年以内であれば買い取りを歓迎してもらえることが多いです。製造後6年以内のものであれば、買い取り可能な大物家電が多く、製造から7年以上経ってしまうと処分するための費用が必要となることもあります。リサイクルショップに大物家電を少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、大物家電についていた説明書や保証書などの付属品をすべて揃えておきましょう。また、掃除をしてきれいにしておくと査定金額が上がることがあります。たくさんの大物家電を査定してもらうことによって、価格が上がるケースが多いです。

大物家電・処分

大物家電は不用品買取店で処分しよう

大物家電は、自宅まで引き取りにきてくれる不用品買取店で処分する方法もあります。洗濯機や冷蔵庫などの大物家電に加えて、ソファやタンスなどの大型家具などの不用品がある場合、一括しての処分を依頼することで買い取り額が上がるお店もあります。家一軒まるごとの不用品査定もしてもらえるため、大物家電や家具などをお店まで運ぶ手間が省けて便利です。買い取り料金や運搬料金が一切掛からない不用品買い取り店もあるため、お金をかけずに大物家電を処分することも可能です。注意しなければいけないのは、スピーカーなどで「大物家電を無料で回収します」などとアナウンスをしている場合です。興味があって呼び止めたけれど、実際に査定をしてもらうとすべてが無料だとは言っていないなどとトラブルになることもあります。不用品買取店に依頼をする場合は、トラブルを避けるためにネットの口コミなどを確認して、ネットなどに広告を出しているところを利用することをおすすめします。

大物家電は譲りますサイトで処分しよう

冷蔵庫や洗濯機などの大物家電は譲りますサイトを探して処分する方法があります。あげます・譲りますなどのサイトでは、誰でも簡単に無料で登録することができるため、オークションなどと比べて利用しやすいのではないでしょうか。引き取りに来てくれる方限定というような形で掲載すれば運搬せずにすむため、楽に大物家電を処分できるでしょう。ただ、引き渡しの際にトラブルにならないために、友人や家族などの第三者に立ち会って引き渡しをすることをおすすめします。

PAGE TOP