引っ越しの時困る!新居に合わない家財の悩み
2017年1月19日

引っ越しの時困る!新居に合わない家財の悩み

人生に何度か訪れるターニングポイントの一つである引っ越しには、必ずと言っていいほど大きな粗大ごみが出ます。

引っ越しは、整理整頓の大きなチャンスです。

なかなか片付かない部屋をすっきり整理したい、と思う方は大勢いると思います。足の踏み場もない部屋や、いろいろな物を押し込んであるタンスや本棚、巾木の見える隙間もほとんどないくらい、隅は物で埋まっている部屋を見ると、リセットするわけではありませんが、家の中をすっきり出来たらもう少しくつろげるだろう、と考えてしまいます。そうは思うものの、普段の忙しい生活に流されてなかなか理想の片づけはできないものです。

引っ越し先には現在の家具が合わないことはよくあります。

転居が決まり、タンスなどの家具や家電など大きな家財の置き場所を考え出すと、雰囲気や大きさが新居に全くそぐわないという悩みにぶつかります。使えるのだから、構わずそのまま使い続けるのも物を大事にする一つの手ですが、新しく買い替えを決心した場合は使っていた古い家財がいらなくなります。

不要になった古いタンスなど大きな家具の処分を考える。

各自治体の定める処分方法に従って、粗大ごみ処理券を貼り有料で回収してもらうのも一つの手段です。さらに最近では、それ以外にもリサイクルをしてくれる業者を利用したり、自身で個人の引き取り手を探して再利用をしてもらう事もできます。物によってはまだ使えるのにもったいない、という気持ちは誰にでもあります。その場合は再利用を検討してから廃棄処分を検討すれば、やるべき事はやったという感じがして気持ちが良いです。そのような方法を選ぶ場合には、無料、すなわち費用がかからないどころか、場合により収入になる場合もあります。

ただし、個人間のトラブルにはご注意ください。

アプリなどを使ったり、地域の掲示板などを使って個人間で受け渡しをすると、相手とのやり取りは最初から最後まで全て自分がやらねばいけないし、「写真と違う」とか、「傷や不具合があるとは聞いてない」など、予期しないトラブルにならないか少し心配だという貴方には、回収・処分業者に一度相談してみるのがおすすめです。

リサイクルか、廃棄か、決めてくれるし回収にも来てくれる回収業者

粗大ごみとして出す場合には、どんなに遠くても、またどんなに大きく重く持ちにくかったりしても、家から収集場所まで自力で運び出す必要がありますが、業者に頼んだ場合は見積もりも引き取りも、こちらの都合に合わせて来てくれるので、楽で大変便利です。もちろん相手がいないのでトラブルの心配もありません。

タンス・処分

引っ越しでなくても、粗大ごみは出ます。

家族人数が変化して使わなくなったり、買い替えをしなければいけなくなった時、壊れてもう使えなかったり故障している場合にも回収業者は再利用が可能か検討をしてくれますので、集合場所に出す前に一度電話で相談してみるのでもいいのではないでしょうか。

PAGE TOP