遺品処分はリサイクル業者に依頼してみては?
2017年1月10日

遺品処分はリサイクル業者に依頼してみては?

大切な故人の遺品をなかなか整理することができないという方もいらっしゃることでしょう。故人の思い出が詰まっている遺品を自分たちでは処分できないという方は、リサイクル業者に依頼をしてみてはいかがでしょうか?第三者が入ることによって、遺品の処分がスムーズに運ぶこともあります。

遺品処分でリサイクル業者を依頼する流れ

遺品処分をする場合、家一軒の広さがあるケースと、6畳一間のワンルームだけでよいケースと様々です。広さによって遺品の量が異なってきます。リサイクル業者に依頼をする場合は、どのくらいの量の遺品があるのかを伝える必要があります。電話やwebなどからまずは相談をしてみましょう。そして、遺品の量を伝えて見積もりをしてもらいます。相談や見積もりは無料で行ってもらえるリサイクル業者がほとんどです。見積もりの金額と内容に納得がいけば、遺品の処分をした後に部屋の清掃を行ってもらいます。その後に料金の支払いをするようになります。

リサイクル業者のスタッフに遺品処分のアドバイスをもらおう

遺品処分をリサイクル業者に任せるのではなく、どのように処分すればよいのかというアドバイスをもらいたい場合も、リサイクル業者のサービスを利用することが可能です。片付けのアドバイスをもらいながら、じっくりと遺品を整理できるため、思い出の品を眺めながら家族で話をして遺族のことをゆっくりと語りながら片付けができるでしょう。遺品処分のアドバイスで利用する場合、1時間あたりの料金設定をしているリサイクル業者が多いです。どのようにしていくと遺品処分しやすいかを丁寧に教えてもらえるため、このサービスを利用したい方は、遺品処分に時間をかけることができる方や費用を節約したい方に向いています。

遺品・処分

価値のある骨董品やコレクターグッズはリサイクル業者へ

生前に骨董品を集めたり、絵画や書道などのコレクションがあったという故人の場合、遺品を高値で売ることができる可能性があります。ただの壺かなと思っていたものが、国宝級のものであったり、有名な画家が描いたものであることも。遺品の処分をしていて、もしかしてと思うものがあれば、リサイクル業者に査定をしてもらうと良いでしょう。持ち運ぶことができる量であれば、リサイクル業者へ直接持ち込んで査定をしてもらいます。もし、量が多くてリサイクル業者まで運ぶことが難しい場合は、出張査定をしてもらえるところもあるため、電話やメールで問い合わせてみましょう。

遺品処分と清掃のすべてができる業者もある

遺品の処分や部屋の清掃などすべてをまとめて実施してもらえる業者もあります。すべての作業をしてもらえる業者を見つけることができれば、遺品の処分はA社、部屋の掃除はB社などと分けなくても良いため、効率良く事を進めていくことができて便利ですね。遺品の中で価値のあるものがあれば買い取りもしてもらえます。買い取る遺品がある場合は、清掃費用から買い取った遺品の費用を差し引きしてくれるためお得に遺品処分ができるでしょう。遺品の片付けと掃除が同時進行で行える業者を探して、効率良く遺品の整理をしてみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP