引っ越し不用品を引取り!無駄なく上手にお願いするコツ3つ
2016年12月21日

引っ越し不用品を引取り!無駄なく上手にお願いするコツ3つ

引っ越しのときは自分の持ち物を整理整頓し、断捨離するビックチャンス。普段はなかなかできない家じゅう丸ごと整理整頓で出てくる、大量の不用品は自分で処理するのはなかなか骨の折れる作業です。時間がない人や女性の一人暮らしなど人手が確保できないといった場合は、業者に引取ってもらうのが一番効率の良い方法です。業者に引取りや買取を依頼するときのポイントについてみてきましょう。

1.引取り処分と買取、両方を行う業者を選ぼう

引っ越しのために整理整頓すると必ず出てしまう不用品は、「買取に出すもの」と「引取り(処分)をお願いするもの」の2つに分けることができます。それぞれ別々の専門業者に頼むこともできますが、どうせならば買取と引取り処分の両方を同時に済ませてしまえる業者に依頼する方がおすすめです。時間も手間も短縮できますし、自分ではこれはもう買取をお願いできないかな?と思っている品物でも業者のほうで買取ってくれる可能性もありますので、思いがけずお得になることもありえるからです。買取だけ、引取りだけ、という専門業者もいますが、両方OKという業者も数多く存在していますからリサーチしてみましょう。

2.買取り査定の評価をよくするポイントを押さえる

引っ越し先で自分はもう使わないけれども、捨てるのはもったいないな、と思われるものは買取査定をお願いします。業者に査定してもらう前に、自分でできるだけのメンテナンスをしておけば何もしない汚れた状態での査定よりも買取査定が高くなります。ここは手間を惜しまず少しメンテナンスに時間を割きましょう。具体的なメンテナンス方法として、キレイに掃除して目に見える汚れを取り除いておくことは必ず行いましょう。見た目の印象は買取価格に大きく影響します。家具の場合は鍵がついている場合は鍵も揃えておくこと、ゲーム機やゲームソフト、小型家電などについては、外箱や付属品がついているほうが買取価格は高くなります。バックや靴などのブランド品については外箱だけでなく、ギャランティーカードも揃えておきましょう。買取依頼する場合は、できるだけ購入時の状態に近づけておくことで、査定評価を少しでも高くしてもらえます。

3.値引き交渉は互いに利益になるような内容がうまくいきやすい

業者との交渉は、嫌みなくスマートに行いましょう。値引き交渉も積極的にチャレンジしてみてください。業者側としては状態の良い品物をできるだけコストをかけずに仕入れたいわけですから、「これは得をする取引だ」と思えば交渉に応じてくれるはずです。例えば、ドライヤーや空気清浄機、掃除機などの小型家電を単品でひとつずつ査定してもらうよりはセットで〇〇円と交渉を持ちかけてみるとか、古い冷蔵庫(中古品として売り物にならない)の引取り処分代金と買取品の一部相殺をお願いしてみるなどといった方法です。価格交渉は、自分の思惑をぶつけすぎてはうまくいきません。業者にも自分にも双方の利益になるような内容の交渉をすることができれば、お互いに気持ちよく取引をすることができるのです。

引っ越し・引取

まとめ

不用品処分には手間も費用も掛かるものです。自分でできないときには引取り業者に依頼しましょう。業者との取引ではお互いの利益になるような交渉を心がけることで、結果として気持ちよく引っ越し準備を進めることができるはずです。

PAGE TOP