効率良く大掃除のゴミの片付けをする方法とは?
2016年12月17日

効率良く大掃除のゴミの片付けをする方法とは?

年末が近づいてくると部屋の大掃除をして、ゴミを片付けなくてはと思いますよね。効率良く大掃除のゴミの片付けをする方法をご紹介しましょう。

大掃除のゴミの片付けを効率良くするための順番

家中の大掃除をするとなると、一体どこから手を付けたら効率良くごみの片付けができるのだろうと考えてしまうのではないでしょうか?部屋の大掃除をする時の効率の良い順番は、最初に外回り、次に天井やエアコンなどの部屋の上の部分、そしてお風呂場やキッチンなどの水回り、最後にリビングやダイニングなどの日常スペースです。ゴミの片付けを効率良くするためには、上から下が基本です。エアコンや電気など上の掃除を終わらせてから、下の床などの拭き掃除や掃き掃除をしてゴミやホコリを部屋から追い出しましょう。

ゴミ・片付け

外回りのゴミの片付けポイント

庭先のゴミを片付ける場合は、まずベランダや庭の掃き掃除から始めましょう。普段は庭やベランダに手を付けることができていないという方が多いかもしれませんね。庭やベランダは、雨が降るとゴミの片付けができなくなってしまうため、晴れた日を選んで掃除をしましょう。天気が良い日を選ぶと、窓ガラスを拭いた後もきれいに乾かすことができるためおすすめです。次に雨どいや排水溝のゴミの片付けをします。そして、ブラシなどで雨どいの掃除をした後に、専用の洗剤やブラシを使って窓の拭き掃除を行いましょう。不要な新聞紙がある場合は、新聞紙を丸めて窓ガラスを拭くとピカピカに仕上げることができます。

部屋の上部のゴミの片付けポイント

部屋の上部のゴミを片付ける場合、エアコンの上や中、照明器具の中に溜まっているゴミやホコリを取り除くことから始めます。エアコンの埃はクイックルワイパーなどの、ホコリを絡め取ってくれる掃除道具があると便利です。まず、照明器具の中に溜まっているハエや蚊などの虫の死骸やゴミを取り除いてから、ぬるま湯で洗いましょう。お湯で落とせない汚れは、中性洗剤を使って落とします。取り付ける前はしっかりと乾かすことが大切です。

水回りのゴミの片付けポイント

キッチン、お風呂場、洗面所と場所別にゴミの片づけを行います。この中で一番厄介なのはキッチンの油汚れではないでしょうか。換気扇やコンロにべったりとついている油汚れは、専用の洗剤を使うと効率良くゴミの掃除ができます。ただ、頑固な汚れは洗剤をつけて少し時間を置いた方が良いため、その合間に洗面所など少しの時間で済ませられるところを進めると効率良く掃除ができます。

日常スペースのゴミの片付けポイント

日常スペースのゴミを片付ける場合は、不要なものは思い切って処分することが大切です。特に、クローゼットやタンスの中にある衣類がポイント。1年間着ることがなかったという服は、今後も着ないことが多いです。タンスの肥やしになってしまうと、新しいものを買っても入れるスペースがないためますます部屋が散らかっていきます。着ない衣類は思い切って処分することが大切です。

PAGE TOP