大掃除で処分する不用品を捨てずにリサイクルする方法
2016年12月17日

大掃除で処分する不用品を捨てずにリサイクルする方法

毎年のことですが、大掃除のたびに結構な量の不用品が出てきますね。不用品の山をみて、こんなに要らないものを買っていたのか・・・と今年1年間の無駄遣いにちょっと落ち込んでしまう人もいることでしょう。不用品を処分するのもお金がかかります。どうせ処分するのであれば、ただ捨てるよりもリサイクル品として必要としている他の人に譲って使ってもらうという選択を検討しましょう。

不用品をリサイクルショップに買い取ってもらう

不用品をリサイクルする方法として簡単なのはリサイクルショップに買取ってもらう方法です。大掃除で出た不用品が大型の家具のときなどは自分で持ち込むのはとても大変で骨の折れる作業です。買取のために自宅まで出張してくれる業者もたくさんありますので、大型家具や家電の不用品リサイクルをしたい場合は、出張買取に対応してくれる業者を選ぶと楽です。ただし自宅までの出張買取をお願いする場合と自分で持ち込み買取をお願いする場合は、当然ですが買取価格が異なります。出張買取は人件費がかかる分、持ち込みよりは若干査定価格は低く設定されますので、その点はあらかじめ覚悟しておきましょう。自分では移動が大変な大型家具に限定し、小型家電や衣類、子供のおもちゃ、本や雑誌といったものはできるだけ自分で持ち込んで買取をお願いするほうがお得になります。

ネットオークションに出品する

自分で不用品をリサイクルする方法として、ネットオークションに出品する方法があります。最近はスマホから簡単に出品ができるサイトもありますので使ったことのない人でも気軽に出品をすることができます。売り手と買い手が当事者同士で直接取引しますから、余分な手数料などがかかりません。その代わり連絡のやり取りや品物の配送手配などといったこまごましたこともすべて自分でする必要がありますから、忙しくこまめに対応するのが面倒な人には不向きな方法です。配送しやすい小型家電や衣類、小物、子供のおもちゃなどの出品がおすすめです。

フリーマーケットやリサイクルマーケットに出店する

地域や自治体などで主催しているフリーマーケットやリサイクルマーケットなどのイベントに出店するという方法もあります。ネットオークションとは違い、実際に対面での取引になりますから顔を見て価格交渉や、品物の説明ができるという安心感があります。また、リサイクルショップにわざわざ持ち込んでもほとんどタダ同然の、不本意な価格しかつけてもらえないような品物も、自分の判断で売値をつけることができますのがメリットです。(売れるか売れないかは別として)自分で納得できる値段で、買い手もある程度自分の目で見極めることができるという点がフリーマーケットに出店するメリットです。フリーマーケットに出店するためには事前に申し込みが必要です。地域のフリーマーケットの開催予定などを事前に調べておく必要があります。

不用品・リサイクル

知人などに譲る

近所の友人、知人などに譲るという方法もあります。子供服や子供のおもちゃといったものは年齢に応じてどんどん変わっていくものですから、その都度新品を買っては捨てる、というのは大変もったいないことです。必要としている人が身近にいるようでしたら声をかけてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP